公式ウェブサイト:
http://flyme2minami.com/

予告編:
http://www.youtube.com/watch?v=bVAR0qrYKKQ

H100, TR-320, SWIFTJIB50
Canon EOS 5D MarkⅢ
マレーシア人のリム・カーワイ監督による映画「恋するミナミ」
ロケ地は、大阪。
本作の撮影方法として、監督が各シーンの始まりはいつも横移動のトラックショットにしたいという構想があったので、通常のドリー撮影のみならずレールやジブアームを頻繁に使用しました。
SWIFTJIB50は、アームがかなり長いので、飛行機の客室のシーンでは、だいぶ離れた位置からシート2列くらいは優に飛び越えて人物に近いところまで寄り、ドアウェイドリーにSWIFTJIB50を載せての移動ショットを実現できましたね。また、実際のホテルの一室を借り切った狭い空間での移動撮影では、トラッキングレールTR-320のコンパクトさが非常に有効でした。